意外とみんなやっていた、だいたいの友人が経験した脱毛失敗談

脱毛に行くと、普段は洋服で隠している部分を人前でさらしてしまうことになります。気を抜いているとサロンに行って赤っ恥をかいてしまう人も少なくないようです。

 

ここの脱毛ブログも面白いから応援!!笑えるネタ多いです!

 

 

ではいきまーーーす!

 

まず、かなり恥ずかしい経験ですが、実はみんな意外とやってしまっているのが、恥ずかしい下着を着てしまっているという経験です

脱毛2
「今日は脱毛以外予定がないし、着古した下着でいいや」と思って行くとサロンで履き替えるときに、誰かに見られないかとヒヤヒヤしてしまうことがあります。
実際にサロンにダルダルに伸びきった下着で行って、恥ずかしくて洋服の間に下着を隠したという人もかなり多かったです。

 

次に口臭で失敗したという人も多かったです。

友人の中に、足の脱毛だから、そこまで気にしなくていいだろうと、前日ににんにくたっぷりの餃子を食べてかなり恥ずかしい思いをした人がいました。確かに当日は足のみの脱毛だったのですが、以前に脱毛した脇毛の状態を確認したいからと、スタッフに脇を念入りにチェックされることになってしまい、口臭が気になってしばらく息をひそめていたという人がいました。
サロンでは密室にサロンのスタッフと二人っきりになるのに、臭い食べ物を食べてしまって、大失敗したという人は多かったです。
脱毛1

 

最後に多かったのが、うっかり日焼けをする予定を入れてしまったという話です。

脱毛をすると紫外線を当てることができないので、日焼けできません。それなのに、脱毛しって数日後に海に行く予定を入れてしまい、泣く泣く浜辺で見学をしたという失敗談もありました。
脱毛3
友人数人で前から楽しみにしていたのに、一人だけ海に入ることも、パーカーを脱ぐこともできず、本当にさみしかったそうです。せめて脇など紫外線が当たりにくい個所だったらよかったのですが、不運にも腕を脱毛してしまっていたのです。夏場は特に脱毛する部分には気を付けて計画をたてないと大変なことになるようです。

脱毛した人にありがちなこと3つ

脱毛をすると自分の肌とは思えないくらいツルツルで綺麗になりますよね。
肌が綺麗だとこんなにも自信が持てるんだということで、気持ちも明るくなります。
本記事では脱毛をした人にあるあるなことを3つまとめました。

 

もっと脱毛したくなる

最初に挙げるのが、契約している箇所の他にももっと脱毛したい箇所が増えていくことです。
サロンに通っている時は自己処理が楽になる程度でいいや、と思っても通っているうちにもっとツルツルにしたいという欲が出てきます。
そして脱毛した箇所同士の間にしてない箇所を挟むと、その部分のムダ毛が段々凄く気になってきます。
脱毛4
例えばヒザ下上脱毛したのに、ヒザは脱毛してない場合ですね。
そうなると脱毛してない部分だけ毛が生えるサイクルが早いので処理してもあっという間に生え揃ってしまい、ここも脱毛しておけばよかったと思うようになってしまうのです。

 

施術後から1週間までの間ウズウズする

光脱毛の場合、毛が抜け始めるのは大体施術をしてから1週間後です。
5日目くらいからもう引っ張るとポロポロ取れる毛が増えてきますね。
1本でもムダ毛が少ないのはいいことなので、脱毛サロンに行ってから1週間は早く抜けないかな、と待ち遠しい気持ちになります。
そして自然に抜け落ちるのが待ちきれなくなると、自分でピンセットを取り出してちょっと毛を引っ張ってみたりします。
この時ムダ毛がスルッと痛みもなく抜ける快感は、体験した人でないとわからないでしょう。
脱毛5

 

自分のツルツルになった肌を触ってほくそ笑む

脱毛6
脱毛サロンに行くと、毛深かった自分の肌がウソのように綺麗になります。
ビフォーアフターの差が激しいほど、嬉しさも大きくなりますね。
特に男並みに毛の生え揃っていた人がツルツルになると、夢の様な気持ちになったり我ながらうっとりすることもあります。
酷い剛毛が密集していた脚やデリケートゾーンがツルツルになったら、感動と手触りのよさでついいつまでも撫でていたい気持ちになります。