ホームケア脱毛で起こり得るハプニング

ムダ毛処理というのは一般的なケアに比べても非常に面倒な作業ではありますが、特に自己処理を行っている場合には、よく起こりがちなことがいくつかあるのです。ムダ毛処理の方法はいくつかありますが、シェーバーを利用した場合に、産毛が飛び散るという現象もよくありがちですし、片付けが異様に面倒だと思う場合も少なくはありません。
脱毛13
脱毛する場所もどうしようかと悩むものです。浴室を利用しても良いとは思いますが、ムダ毛が排水管に詰まってしまうというトラブルも全く起きないとも言えません。また、脱衣所付近には、洗濯機や家具類があり、その隙間にムダ毛が入り込み不衛生になるという現象もあります。

 

特にシェーバーを利用した場合には、ムダ毛自体が残りやすくなってしまったり、形を整える作業が必要な眉毛なども、一回剃りすぎてしまうとしばらく伸びるまでは我慢しなければならないという嫌な現象にも見舞われるのです。もちろん、こういった場合には後々伸びてくるので、永久的に問題が継続するわけでは無いですが、顔のムダ毛などは伸びやすく毎日のケアも大変なものです。

 

また、剃りにくい部分のムダ毛処理で肌が痛む事も少なくはありません。ムダ毛処理によって血まみれになってしまったり、残っているムダ毛が異常に目立ってしまったり、せっかくホームケアをしても、肌が綺麗になるという仕上がりを期待できない状況にもなっています。
脱毛14

さらに、脱毛処理をするのが面倒になる時期も有りますから、丁寧に手入れをしている時期とは対照的に、常にムダ毛の処理が出来ていない時というのも当然出てきます。このように、ホームケアでの脱毛というのは、時間はそれほどかからないというメリットもあるのですが、自己流なので汚いですし、さらに手抜きによって恥ずかしい思いをする場合もありますから、誰にでもおすすめできる方法ではないですし、脱毛によるハプニングも常に起こりがちなのです。

脱毛サロンに通っている時にワキの手入れでの失敗

脱毛サロンでワキの脱毛をしていた時の話です。脱毛サロンでは光フラッシュの脱毛器をワキに照射する日には、あらかじめカミソリでワキを自宅で綺麗に剃ってから施術を受けるように言われています。しかしその日に限ってムダ毛を処理するのを忘れてしまい、かなりボーボーに伸びてしまったワキのままサロンで脱毛施術を受ける事になってしまいました。
脱毛15
ワキのムダ毛は追加料金でその場でエステティシャンの方に剃ってもらわなければいけなかったのですが、そのお手入れがものすごく恥ずかしくて赤面してしまいました。自分のムダ毛を他人に剃ってもらった事は初めての経験だったので、これほど恥ずかしい事だとは想像もしていませんでした。

 

それからは、必ずムダ毛をきちんと剃ってから脱毛サロンに行くようになりました。いつも夜に予約を入れているので夕方にシャワーを浴びながらワキを剃ってきれいにしてからサロンに出かけていたのですが、その日に限っては予約が朝10時にしか取れなかったので前日の夜のお風呂タイムにワキのムダ毛を剃っておいたのです。そして何も気にせず翌朝サロンに出かけて施術ベッドに寝て待っていたら、ワキを一目見たエステティシャンが、”あら、今日もワキを剃ってきていませんね”と言ったのです。
脱毛16
自分は、しっかり綺麗にワキを処理してきたつもりだったのでその言葉を聞いてびっくりしてワキを覗き込んだら、確かに黒々と3ミリぐらい伸びたムダ毛がワキから生えていたのを確認しました。昨晩剃ったはずなのに、もう翌朝にはこんなに勢いよく伸びているワキのムダ毛に自分でもショックを受けてしまいました。それと同時に、また情けなくもエステティシャンの方にワキを丁寧に剃ってもらう事になってまた大恥をかいてしまいました。レーザーの痛みにどう耐えたかという話は盛り上がる

 

私のワキのムダ毛は剛毛なので勢いがあるのだと、その時初めて気づきました。ベッドに横になってからワキのムダ毛を剃ってもらうという恥ずかしい思いをしないために、それからサロンの予約時間の直前にムダ毛を念入りに剃るようになりました。